CMF+S with DMRG solver applied to triangular antiferromagnets

2019年10月21日に研究室主宰者の段下が共著者の原著論文“Magnetism driven by the interplay of fluctuations and frustration in the easy-axis triangular XXZ model with transverse fields”がPhysical Review B誌にRapid Communicationとして出版されました。

次の記事

BEC with local dissipation